ケータイ小説 野いちご

病み期。

病んだ時




ジョキ…ジョキ…ザクッ



右手に鋏を持ち、左手には中2の最後にくれた「思い出の写真集」を切り裂く。


ジョキ…ジョキ…ッ


「ふふ、…みんな、消えちゃえ!」


ジョキッ…ジョキ…


「消えろ、死ね!」



嫌いなアイツの顔を、見えないくらいに切り裂いた。
アイツは目立つ調子こいた奴だから何枚でも載ってくる。
私は、2枚にしか載っていないのに…まぁ別にいいけど?

アイツを見るのが、視界に映るのがいやだ、目が腐る。

だから見ないように切ってやる。




ジョキッ…


クラスのみんなダイキライダ。

シネ、キエロ、イナクナレ。


私の中心が、黒く染まってくのを感じながら…私は細かく切り裂く。


「はははっ…楽しー。」



1人、部屋のベッドの上で奴ら切ってるのは、意外にもすごく楽しかった。


切り終えた後、ティッシュにくるんで捨てた。


「サヨウナラ。」


と言い残して部屋を出た。









< 1/ 4 >