ケータイ小説 野いちご

伝えたい。あなたに。

はなと暮らしたい
久しぶりの診察

「高島優香ちゃん、第3診察室へお入りください。」

正直病院は嫌い。

この鼻に付く消毒液のにおい。入院している時でも一度も慣れたことはなかった。


診察室の扉を開ける。それはより重く感じる。


『優香おはよう。』


「おはよう…。はぁ…。」


消え入りそうな声で挨拶を交わす。思わず溜息が漏れる。

『優香どうしたの?具合悪い?』

悪くなかったらこんなとこ来てない。という言葉は言えるわけもないけれど。


『言わなきゃわかんない。』


言ってもわからないくせに。私の気持ちなんて。


「……。」


『なんか言わないと診察始められない。』


涙が自然と出てしまう。
猫は飼えないよ。と言われるのが目に見えてる。単なる我が儘なんだけれど。


はなが飼いたい。病気のはなと一緒に生きていきたい。


今日はそれを先生に伝えるために来たんだから。



『優香、大丈夫?どこか痛い?』


私は首を振る。


息が苦しい。咳が出る。


泣くことより先に発作が出るのだ。
いつの間にか私は胸元を強く握っていた。
なんて迷惑なんだろう。わたし。


情けなくなる。




『ゆうか、ゆっくり息して。手は離すよ。』



『その調子でね。宮本さん薬持って来てもらえる?』


少しずつ落ち着いてくる。懸命に呼吸をコントロールする。


「先生、ごめんなさい。」






< 2/ 156 >