ケータイ小説 野いちご

今日はありがとう。そしてさようなら。

襲いかかった病の名前
アミの人生

ねぇ、アミ。
この話覚えてる?
私とたくさん喧嘩して、怒られて
口喧嘩して。
色々やらかしたねw
でも、あなたの死を受け入れた時は、
とても涙が止まらず、夜も眠れずあなたのメールを見返したり、アミがいるかのように家に電話をかけたりしました。


あの頃の話。

覚えていたら嬉しいな…




今日はありがとう。そしてさようなら。





< 1/ 4 >