ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

恋は時を越えて〜闇と生きる少女と新選組〜

第2章

近藤「ところで…未来から来たのなら住むところがないのだろう?」


そうだ…住む場所ねぇや…


輝南「確かにありません…どうしましょう…」


近藤「ここにすんだらいい!」


土方「おいっ近藤さん!!こんな得体の知れないやつ置くのか?」

近藤「歳、輝南君はおなごだ…そんな子をこんな治安が悪い京の町に放り出すのか?」


土方「それは…」


藤堂「そうだぜ土方さん!!」


土方「わかったよ!!すまねぇが生憎今は部屋の空きがねぇんだ…誰かと相部屋になっちまうが…それでもいいか?」


相部屋か…久々かなでも楽しいからいっか!!土方以外の部屋だったら


輝南「はい私はいいですよ!!土方以外の部屋だったらどこでも…」


土方「おい…何で呼び捨てでしかも俺以外なんだ!」



< 11/ 149 >