ケータイ小説 野いちご

【完】お前だけは無理。

《第二章》絡まる赤い糸
不協和音を奏でて

















『ねぇ和君。ちゅーは、誰とでもするものなの?』



私の質問に、和君が飲んでいたジュースを吹き出す。



『ぶっ…!!おまっ、何言ってんの…!』


『えー…だってね、雪見たの』



慌てた様子の和君に、私は自分が見たものを話した。

私の言葉を聞いて、目を大きく見開き、顔を顰めた和君。



『…本当に言ってるのか?』


『うん、さっきだよ?』



こんなに険しい表情の和君、見たことない…

そう思うほど、何かに酷く焦った様子の和君。


数秒悩み込んだ後、私の肩を掴み、目をじっと見つめてきた。



『雪…そのことは絶対に誰にも言っちゃダメだ。絶対だぞ』


『どうして…?』


『どうしても、だ。これは俺と雪の秘密な?』



この時の私は理由がわからなくて、それでも、和君と二人だけの秘密…というのが嬉しくて、小指を握り合った。

< 154/ 470 >