ケータイ小説 野いちご

抱き寄せて、キスをして《短編》

第三章
恋人の正体は

週末。

暇だなー。

合コンの予定もないしなあ。

いつもなら、仕事帰りに新太と鳥姫で飲み、帰り道にあるTSUTAYAに入ってお互いに借りたい作品を1枚ずつ選ぶのが常だ。

けれど、そんな日はもう来ない。

新太に恋人が出来たから。

あれ以来私は、新太と会っていなかった。

LINEのやり取りもない。

やっぱり、恋人が出来たら、馴れ馴れしくするのはよくないと思うから。

……そういや新太の恋人って、どんな人なんだろう。

社内恋愛かな。

……なんで私、聞かなかったんだろう。

< 27/ 108 >