ケータイ小説 野いちご

誠のもとで

11 後書き


此処まで、見捨てずに温かく見守って下さり誠にありがとうございます。


途中、「主人公のキャラが迷子じゃね?何このグダグダ。もー、やめよう。」

と思っておりましたが、「否、こんなイミフな作品を読んで下さる方々の為にも頑張らなければ!それに、これから良くすれば・・・」

と思い、何とか完結に至りました。


期限を決めたのには、「期限を決めないと、終わらない気がする・・・」

と思ったからです。

なので、かなり無茶苦茶な終わりかたになりました。

やはり、長編は難しいと心で思いました。

が、しかし

< 169/ 170 >