ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ハロウィン・パーティー!?~ゾンバス番外編~

ハロウィンパーティーをはじめよう

 ある日、突然ひとみが言い出した。

「ハロウィンぐらいはイベントやろうよう!」

 やたら張り切るひとみが、衣装やイベントの準備はやるというので、急きょハロウィンパーティーをやることが決定。
 普段は学校を拠点に雑魚ゾンビと戦う日々。
 ハロウィン当日に向け、大きな戦いがないときのひとみは学校にこもりきりで、準備にいそしんだ。


 そして当日――。

 上空には黒い雲が広がり、強風にあおられ窓を叩くほどの激しい雨。
 季節外れの台風襲来。
 夜になったら雨風がますますひどくなった。

「……屋内でやるから別にいいんだけどさ、本当にやるの? ハロウィンパーティー」

 明美が窓を打ち付けるバチバチと物凄い音を立てる雨に、うんざりした表情を浮かべている。

「この日を楽しみにして頑張ったひとみのためにも、付き合いましょ」

「……だな」

 苦笑いを浮かべる聖、その聖に相槌を打つ和己の声と共に、遠くのほうで小さく雷が鳴った。

「仮装のための衣装の準備できたよ~!」

 元気な声で、ひとみがいくつかの衣装を持って駆けてきた。
 どれどれとひとみの元に集まる3人。

「聖ちゃんはこれと、これ付けて。それから和己くんはこっちの衣装!」

 これとこれね、なんて外の嵐などまったく気にせず嬉そうに、仮装のための衣装とやらをテキパキと渡しながら解説している。

「あれ? 私のは?」

 衣装を渡されずに、私には何もないのかと自分を指差す明美。勝ち気で口は悪いが、いちよう主人公である。

「んふふー♪ 明美ちゃんのもばっちりに似合うのを用意してあるからねっあっちで私と一緒に着替えるよ~」

 明美の手を取るとスキップでもしかねない足取りで、ぐいぐいと引っ張っていった。

< 1/ 22 >