ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

大好きなきみと、初恋をもう一度。

【番外編:クリスマス】

【番外編:クリスマス】
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


外の空気が頬を刺すように冷たい。

吐く息も白くなって、冬という季節を実感する。

学校では、期末テストも終わってみんなほっとしていた。

絢斗くんと付き合って今月で三ヵ月。

別れていた一週間があったけれど、そこからもっと仲が深まったかな、と思っていたり。

絢斗くんのバイト先のラーメン屋さんに行ってラーメンを食べて、働く絢斗くんを見たり。

学校帰りのファミレスやファーストフード店で一緒に勉強をしたり、図書館にも行ってみた。

だけど図書館は「静かすぎる……!」と、30分くらいで出てきて、お喋りできるところがいいね、と二人で笑った。

それから、絢斗くんのバイトがない休日に遊園地にも行った。

混んでいたけど、アトラクションを待っている時間に苦はなくて、楽しかった。

笑ったり、はしゃいだり、色んな絢斗くんの表情にわたしは毎日ときめいている。

「菜々花ー!」

最近の出来事を思い出しながら昇降口へ入ったとき、呼ばれてはっとして顔を上げた。

< 122/ 149 >