ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

大好きなきみと、初恋をもう一度。

*.君を好きになった

――夏の夜空に花が咲いた。


うち上がる花火。
光と音を別世界のもののように感じながら、わたしは一人、公園の駐車場の階段でぼうっと花火を見ていた。

今ごろ皆は広場で花火を見て盛り上がっているんだろうなあ。

「はぁー……」

素直なため息に寂しくなった。

今日は地元の夏祭り。

高校に入学してはじめての夏休み。

学校が別になってしまった中学の友達5人で遊びにきたのに……これの所為で。

わたしは足のかかとを不貞腐れながら見た。

ばっちり、靴擦れ。

もう本当に痛い、かなり痛い。

靴擦れするかもしれない、というパンプスを履いてきたわたしが悪いけど。

でも今日の服に合う靴はこれしかなかったんだもん。

< 1/ 149 >