ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

貴方に出会って

第三章
˚˙༓࿇༓信長side༓࿇༓˙˚


暫くして信長は長政との話しは終わって庭を見ていた

すると後ろから

「信長様もう長政様とのお話はお済みになりましたか?」

「ああ。悠斗か。」

悠斗は迷いながら

「はい…本当に宜しいのですか?」

「何の事だ?」

信長は惚ける様に言ったそんな信長にはあと溜息を付けながら悠斗は言った

「惚けないでください。何処の誰か分からぬ者を信長様が後ろ楯になるなんて」

「もう、決まった事だ」

「ですが‼︎」

「分かったな悠斗。」

悠斗とは悔しそうに顔をしかめながら渋々返事をした

「っ分かりましたですが皆が認めても私は認めません。」

「好きにしろ。」



< 41/ 41 >