ケータイ小説 野いちご

貴方に出会って

第二章
*❁*お華side*❁*


お華と桜はお市がいる部屋から出て廊下を歩いていた桜はまだ着られていない着物に足取りが今にでも転けそうな感じであるいていた

そしてお華達は暫く歩いていると前から何人かの知っている女性の集団が来た

その女性の集団の前を歩いているのは長政の正室の椿である

椿はまだ長政との間に子はいなく

後から来たお市が自分より先に長政の子を恵まれた事を酷く恨んでいる

茶々がお腹に授かった時はお市に嫌がらせをしてお市は精神的に駄目になった長政がそのことで椿に怒った

お市の嫌がらせは無くなったけれどお市に仕える事になった新人の女房に嫌がらせをする様になった

何人かの新人が嫌がらせに合い多くの人がお辞めになったそれだけならば良いのだが嫌がらせに絶えられなくなった女房は自害をする人もいた

お華はそんな事を思い出して顔を険しくした

お華は咄嗟に端に寄ったその集団が行くのを待っていると前に歩いていた椿が止まった後ろに付いていた女房も止まりこちを見ている

< 30/ 41 >