ケータイ小説 野いちご

嫌いだけど…




「すずちゃん呼吸苦しくない?」



「はい…」



「しばらく寝てていいよ」



その言葉を言ったとたん眠りについちゃった

発作で疲れてたんだな…



「先生、病室の準備出来ましたよ」




「ん、ありがとう」

「すずちゃん病室に連れていこうか」



「はい」



ストレッチャーに乗せて病室に運んだ。



酸素マスクの酸素量を調節した。





そういえば俺、医局行かないといけないんだった…

今日当直だ


 

本当はすずちゃんに付いていたいのに…


仕方ない




医局に行くか…




< 9/ 151 >