ケータイ小説 野いちご

漆黒の闇に、偽りの華を②【完結】

御披露目




「恭っ!!!」


倉庫に着くなり、みんなが恭に駆け寄ってくる。


「恭……茉弘ちゃんは?昨日の事、百合から聞いた……。」


らしくない険しい顔で、恭の肩を掴む春馬。


「……まさか、追い出したの!?」


「お前最低だぞ恭っ!!!俺らに相談も無しにっ!!!ふざけんなっ!!」


直も恭に詰め寄り、胸ぐらを掴む。


それを、後ろから心配そうに見ている百合さんと、顔色を変えず、眺めて立っている太一。



「……あ、あのう……。」


「!!!!!」


恭の背後から、あたしがちょこんと顔を出すと、みんなが一斉に硬直する。


「茉弘っ!!!」


百合さんが、飛び付いてくる。


百合さんの肩が小刻みに震えている。


< 11/ 344 >