ケータイ小説 野いちご

側湾症になった私

側弯症になった私

よく、みんなから「姿勢がいいね」って言われてた。
健康だって思ってた。
中2の5月まで...

内科検診でクラスで私が始めに受けることになっていた。
背中を見てもらうと

「えっ?...整形外科に」

耳を疑いました。

その数日後に整形外科に言ったら
申告されました。

「脊髄側湾症。20〜30度」

涙が出てきました。
どうなるんだろう。

コルセットなどの説明も受けて大きい病院を紹介された。

ーーーー
大きい病院に行くと
「思春期側わん症」と申告されて、
いろんな質問が来た。

「DNAなど遺伝子でなることじゃないかと考えられてます。親戚の方なのでいますか?」

親戚の人でなってるなんて聞いたこともない。

帰りに
「8月にMRI検査をします。もしかしたら、脳に癌があるかも」

怖くなりました。
怖くなったけど、学校に行きたくてお昼からの授業に出ました。

仲のいい人にあって安心したかった。ただそれだけでした。

私の頭の中は
「将来的に影響があるから手術が必要。癌があったらどうしよう」

それからは、時々痛かった腰の痛みがひどくなり出して部活も休みガチになりました。
1ヶ月ごとに通院するようになりました。
私はコルセットは必要ないらしいです。
成長期は前に終わっているから、しても意味が無い。

側湾症でも全日本吹奏楽コンクールに出ました。
一点差で中国大会に行くことができませんでした。

MRIを撮ると異常なしでとってもよかったです。

側湾症でも、できることはある。

でも、誰かに側湾症のことを馬鹿にされたりすると傷つくしイラつきます。
側弯症の9割は女性に発症します。
今は30度前半なのですが
5000/1の人がなります。

コルセットの人はもっと大変。
夏だと暑い中ずっとつけていないといけないから。

長時間座るのがきつくて、痛み止めを飲む毎日です。

手術後は半年間運動禁止で、2週間の入院生活です。

とっても苦しいんですよ。

今は受験生なので高1の夏に手術が決定しています。

そういう人達がいるの忘れないでください。

そして、側湾症でも
落ち込まずになっててもできることがあるのでお互いに頑張りましょ

< 1/ 4 >