ケータイ小説 野いちご

恋のお勉強









「またねー」




「うん、またね」





学校がを終り、みんなが次々と帰っていく。




高校3年の冬。




皆試験勉強に必死。






「私も頑張らなきゃな…」





「成瀬っ」




不意に呼ばれた私の名前。




誰かはわかってる。





< 1/ 19 >