ケータイ小説 野いちご

はちみつ色の太陽

第三章
二人で描いたレインボー

  




 たとえ、太陽に嫌われても。




 

< 426/ 465 >