ケータイ小説 野いちご

はちみつ色の太陽

第三章
迷子が一歩踏み出すホワイト

  




 本当は一緒に、前を見ていたかった。





 

< 340/ 465 >