ケータイ小説 野いちご

はちみつ色の太陽

第二章
過去に蔓延るブラック

  



 それが、あの日の精一杯だった。




 

< 274/ 465 >