ケータイ小説 野いちご

【完】俺の言うこと聞けよ。〜イジワルな彼と秘密の同居〜

*こいつはダメ。


お腹いっぱい食べて、写真もたくさん撮って、無事お店の偵察は終了。


お会計は経費で落とすとのことで、琉衣くんが全て支払ってくれた。



店を出ると時刻は午後1時前。


まだまだ入り口から行列が続いていた。



「ゲッ、さらに並んでるし」


「わぁ、ちょうど今がピークなのかもね」


「マジかよ。すげぇな…」



琉衣くんはそのままどこへ向かうのか、来た道とは逆方向へと歩き出す。


私は気になったけれど、なんとなく聞き出せずに彼にただついて行った。


せっかくだからこのまま帰るのももったいない気がするし、寄り道もいいかなぁなんて。



「でも、おいしかったね。お店」


「んー…味は悪くねぇんじゃん?

あのカップルシートはビビったけど」


「あ…確かに…(笑)

あれが人気の秘密なのかな?」


「さぁ、どーだろ?」



< 171/ 388 >