ケータイ小説 野いちご

【完】俺の言うこと聞けよ。〜イジワルな彼と秘密の同居〜

*彼女のフリ?


とある日の食卓にてーー。



「亜里沙ちゃん、たまには休み欲しいと思わない?」


「えっ?」



いきなり俊介さんが、ニコニコした顔で聞いてきた。



…お休み。


確かに、休みらしい休みはない。


まぁそれは実家にいた時からそうだったけれど…。



するとすかさず琉衣くんが突っ込む。



「はぁ?なんでこいつだけ?

こいつが休むんだったら俺にも休ませろよ」


「ああ、いいよ。琉衣も一緒に」


「は!?」



ウソ…?


一緒にって言った…今。


いいのかな?二人も休んで。



「今週の土曜日二人で休み取れよ。

店はなんとかするから。

そんでもって、ちょいと頼みたいことが。

なぁ?親父」


「ん?あぁ。実はな…」



世界さんはそう呟くと、なにやら雑誌を取り出して…


ワケありな感じで語り始めた。



「ちょっと偵察に行ってほしい店があってな」


「「…偵察!?」」



< 144/ 388 >