ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

炎昼とターコイズ

時計はいつも右回り
あとがき



ここまで読み進めていただきありがとうございます。木元さなです。


今回、颯希ちゃんとのコラボ企画として、颯希ちゃん原案の『炎昼とターコイズ』を書かせていただきました。

プロットをもらったとき「これは…!」と思いました。すごく私好みのお話すぎて…! さすが颯希ちゃん、私以上に私のツボを押さえてる……。


と、ドキドキしながら書き進めました。夏月くんとニーナちゃんが愛おしくて何度泣いたかわかりません。この二人が好きすぎて、書き終わるのがとても寂しかったです。


夏月くんはニーナちゃんに笑ってほしくて。ニーナちゃんはただ夏月くんに会いたくて。

世界が反転するのは一瞬で。知った輝きは恐らく永遠で。

そして最後は"さよなら”じゃなく“ありがとう”を。



夏月くんとニーナちゃんに出会えて心から良かったと思います。楠ファミリーも大好き。

みんなを託してくれた颯希ちゃん、本当にありがとう!そしてあとがきに最後まで目を通してくれたみなさんも、ありがとうございます。


またどこかでお会いできたら嬉しいです。



以上、木元さなでした。


< 36/ 36 >