ケータイ小説 野いちご

未知の世界3

検診
独り


再び目を開けると、私の口にはマスクがされていた。



さっき目を開けた時とは違い、体がだるい。



熱があるみたい。



最近、発作のあとは、いつも熱を出すようになった。




瞼を開けるのがやっと。




だるいな。




左の頬が痛い。



マスクのゴムが当たるから、そこが尚更痛い。



だるさで重くなった体を動かすのは辛いけど、右手を上げて、マスクを下げる。




ふぅ~、外してる方が楽なんて、酸素マスクの意味がない。




と思うと、少しおかしくて笑えてきた。




笑ったあとは、妙な空虚を感じて、寂しくなった。




一番心のよりどころにしてきた幸治さんにまで嫌われてしまった。




それどころか、自分から幸治さんを嫌うようなことを言ってしまい、また行動にでちゃった。




本当は、そばにいて欲しいのに。




あの時は近寄られるだけで、怖かった。




この先もまた幸治さんを見て、怖がるのかな、私。





< 142/ 291 >