ケータイ小説 野いちご

タイムスリップ!?~新撰組の女の子~

十一番組組長
お悩みごと


時は過ぎていまは...夏!

ですね。はい。暑すぎます。


で!私はいま山南さんの部屋に来ています!


梨「あ''ーーー!あっつい!あつすぎる!」


山「まぁまぁ、そんなこと言わずに。話があるんでしょう?」



あ!そうだった。

話っていうのは最近の悩み事


平助について!


梨「えっとですね?私最近なんだか平助といるとドキドキしちゃうんです。なんか鼓動がはやくなるみたいな...これって病気ですか?」


山「...それは病気ではないと思います」


え!ちがうの?
よかったぁ!めーっちゃ心配だったんだよね。


でも病気じゃないならなんだろ?



梨「じゃあ、このドキドキは一体...」

次に山南さんの口から出る言葉に私はびっくりすることになる



山「恋ですよ。あなたは藤堂くんを好いているのでは?」


...は?私が平助のことが好き?


いや、待って
整理できないぞ

< 73/ 116 >