ケータイ小説 野いちご

子犬物語。

段ボールの外の世界

 ぼくはいま、狭い狭い箱の中にいる。
 ぼくの頭上には青一面。その中に白く綿菓子のようなものが、同じ方向へと少しずつ流れていた。

 なぜだろう……?
 ぼくはなぜ、ここにいるの?
 ママは?
 ママはどこ?

 ぼくと一緒の箱の中にいるのは兄妹のいちご。他にも兄妹はいたけれど、なぜかぼくといちごだけ……ママや兄妹と離ればなれにされて、この茶色い箱の中にいた。
 いちごはぼくとは違う女の子だ。ここに置かれた時から小さくうずくまって、何かに怯えるようにずっと震えている。

 寂しいんだ。とても。
 だって、ママがいない。
 ここにはママの愛がない。
 他の兄妹もいなくて、いちごとふたりきり。
 何もわからないところでぼくといちごふたりきり。

 ママ……。
 さっきまで悲しげな、切なげな表情でぼくたちを見ていたのはなんで? いつも以上にやさしく体を舐めてくれた。
 その後……人間がぼくたちを抱き上げて、この箱の中にぼくといちごだけを入れたんだ。そして気がつけば、見慣れない、今まで嗅いだ事のない匂いのするここへ置かれた。

『ごめんね……』

 ぼくたちの頭を最後にひと撫ですると、その人の姿もなくなった。

「ねぇメロン」

 ここに来て初めていちごが口を開き、ぼくの名前を呼ぶ。

< 1/ 20 >