ケータイ小説 野いちご

妖の王子さま

弐ノ章
気持ちの変化




「蒼子は、おれの枕なんだから、勝手にいなくなったらダメ」

「・・・ごめんなさい」




座り込んだ白玖に抱きしめられながら、蒼子はグルグルする頭を必死で抑えていた。
まるで子どものようだと思う。




「蒼子?」

「・・・はい?」




抱きついていた体を離し蒼子を見上げる。
白玖の大きな手が蒼子の頬に触れた。




「顔色、悪い」

「え・・・?あ、働いたから・・・疲れたのかな」




誤魔化すようにそう言って笑う。
どうしてここまで必死に隠し通しているんだろう。
言ってしまえばいいのに。
あんたのせいで、自分はこんな目に遭っているのだと。



今だって、本当は起き上がっているだけでも苦しい。
そう言って責めることだってできるのに。




「蒼子?しんどいの?」




酷く冷たい瞳の色。
それなのに、純粋で綺麗で。




< 71/ 381 >