ケータイ小説 野いちご

妖の王子さま

伍ノ章
確執




「蒼子さん!なぜ・・・」




部屋にいるはずの蒼子の姿に戸惑い声をかける多々良に、蒼子は瞳を揺らせたまま顔をあげた。




「・・・今の、どういう事・・・?」

「・・・っ、聞いて」




全てを悟った多々良は手をおでこにあて深く息を吐いた。
知られたくなかった。

白玖にも、前もって決して知らせるなと言われていた。
真実を知れば、蒼子が傷つき苦しむことをわかっていたからだ。




「白玖、私のせいで・・・」

「違うんです!蒼子さん!これは・・・っ」




なんと言い訳したらいいのだろう。
嘘をついたところで、蒼子は納得しないだろう。

聞いてしまっていたのなら、今更なんと言葉を並べたてようと無駄なのだと。




「白玖に会わせて・・・っ!」

「それは、できません」

「なんで!」

「白玖さまが、そのように望んでおられるので」




すがってくる蒼子を苦しげに見つめ、多々良はそう言った。





< 209/ 381 >