ケータイ小説 野いちご

妖の王子さま

四ノ章
操り人形




「人間の女を匿っているそうじゃない」




白玖は、薄暗い部屋で跪いていた。
鋭く咎めるような女の声が響く。




「あなたは、ただ私のために生きればいいのよ。無駄な感情はすべて捨ててしまいなさい」

「・・・」

「聞いているの?」

「・・・はい」

「人間なんて、下等なものさっさと捨ててしまいなさい」





簾がかかったその向こうに、女は椅子に反り返って座っていた。
横に控えた従者の狐に大きな扇子で仰がせながら。





「まったく、使えない子ども」

「・・・すみません」

「さっさと天狗も鬼も殺してしまいなさい。余計なことは考えないことね。あなたの身体がどうなろうと、勝ちを早く持ってきてよね」

「・・・はい」





白玖は、唇を噛みしめながら頭を下げた。






< 174/ 381 >