ケータイ小説 野いちご

Promise ☆

プロローグ



小さな私と男の子が話している

?『雪ちゃんは絶対僕が守るから
約束』

雪『うん‼約束..』

ピッピッピッピ ピッピッピッピ


雪「んっ..夢..?」


久々に見た懐かしき記憶

雪「誠也君...」


?「雪~起きてる~?」

雪「起きてる~」

私は真新しい制服に着替え下におりる



< 1/ 258 >