ケータイ小説 野いちご

ツンツンな彼の攻略法【完】






「それにしても暑いねぇ〜」



「もう溶けそう。」



本当に溶けるよう暑さだ。



まだ7月なのになんでこんなに暑いの。
これからまだ暑くなるなんて耐えられない〜!




なんでこんなときに外で体育なんてするんだろう。

グランドは本当に灼熱地獄と化している。


プールに入りたい!!



タラタラと流れてくる汗に顔を顰める。



「じゃあ今日はここで終わり。」


「ありがとうございました〜」とクラスメイトたちがだるそうに挨拶をする。



「終わった〜!やっと涼しい教室に入れる〜!」



「早く着替えて教室戻ろ!」



そう言って更衣室に向かう途中。




「あ!涼介くん!!!」



次の時間、体育なのだろうか。体操服を片手に渚くんと歩く涼介くんの姿。



…今日もかっこいい。


相変わらず笑顔でわんこみたいに話す渚くんと、無表情な涼介くん。



二人とも私の声に気づいていない。


< 5/ 34 >