ケータイ小説 野いちご

ツンツンな彼の攻略法【完】

よん





「でねでね!涼介くんがっ!」


今日のお昼のできごとをかのんに熱弁中。



「…ほんとに好きだね。」



「うん、大好き!」



教室に響き渡る私の声。

大きい声だけが私の取り柄かな!


「ところでさ?三日後から期末テストだってあんた分かってる?」



かのんの言葉に思考回路を必死に回す。


その私の顔を見て笑い出すかのん。



「やっぱり把握してなかったんだね。」



「ぱぁぁぁぁぁ!!!どうしよう!!!」



テストなんて聞いてないよ!?どうしよう。


ただでさえ頑張って入ったこの高校では、欠点ばっかりの私なのにテスト3日前!?



なんて失態を犯してしまったんだァァあ!!




「あんたほんとうるさい。」



「かのん勉強教えて!」


かのんの肩をガッと強く持つ。



「やだ、あんた理解力なさすぎて時間の無駄。」


< 15/ 34 >