ケータイ小説 野いちご

ツンツンな彼の攻略法【完】

さん



「よっしゃーー!36度!」


今日は月曜日の朝。昨日の晩まで微熱あった熱を測ってみると見事に平熱に戻っていた。


これぞ涼介くんパワー。


涼介くんに会いたすぎて三日で熱を下げてしまったのだ。


え?三日くらいあればだいたい熱は下がる?…まあそこは涼介くんパワーってことで!




「かのんおっはよーー!」



「風邪で心配してたのに、えらく元気になって帰ってきたわね。」



「だって涼介くんに会えるんだもん!!」




「あー、はいはい、」



…ちぇ、塩対応だな〜。


すぐさま涼介くんに会いたい気持ちでいっぱいだったけど、金曜日休んだ分のノートとかプリントとか見せてもらってる間にそんな時間は無くなってしまい、結局昼休みに会いに行くことにした。



< 10/ 34 >