ケータイ小説 野いちご

ツンツンな彼の攻略法【完】

いち



お昼休みを告げるチャイムが教室に鳴り響き、私はバッと勢い良く立ち上がる。



「かのん、涼介くんのところ行ってくるね!!」



「…また?まあいってらっしゃい。」




「ふふ、頑張ってくるね!」


中学のころからの親友川田かのん。
黒髪ストレートロングの美少女。見た目には反して毒舌で思ったことははっきり言う。本当はすごく優しくて周りをきちんと見ている子。



そんな親友に送り出され?自分の教室をダッシュで出て行く。



お弁当を抱えて向かう先はただひとつ。



「っ涼介くん!!!!」


そう愛しのダーリンの教室です!!
教室中に響き渡る私の声にクラスの人の注目が私に刺さる。



「…また来たんだ」
「山梨くん絶対迷惑してるよね…」
「身の程を知れって感じ!!」



そんな声は気にしない!!!
私の視界に入る人物はただ一人!!!

< 1/ 34 >