ケータイ小説 野いちご

世界中の誰よりも

✡プロローグ

私、大野美月は





中学二年生が終わる頃





学校生活がもう、嫌になってきた





幼稚園の時からずっといる友達とも




うまくいってない




それにもう、友だち関係なんて、とっくに壊れていた




先生との関係もダメだった




先生なんて、なにもしてくれないし




先生の授業はわかりにくい




授業で、答えを間違えたら




「間違えて恥ずかしくないんか」




「もっと努力しろ」




そんなことばっかり言われてきた


















< 1/ 17 >