ケータイ小説 野いちご

誘惑したい上司の条件〜真島果穂になりたくて〜

キャンディーナイトにとろける夜





******真島side********






「今日は俺のために集まってくれてみんなありがとな」


歓迎会もそろそろ終わりを迎えようとした頃


2次会の話やらも飛び交う。


「真島課長、二次会は男同士でキャバクラでも行きませんか?」

キャバクラ…?


自分のオフィスの時とは違う展開に少し戸惑う。


あいつらならきっと二次会は二次会で別の居酒屋になるんだろう。


「いや…俺は…」

そう言いかけた時、残業で歓迎会に来れなかった奴から携帯に着信が入った。



「なんだ?何かあったのか…?

すまない。残業組みから電話がきてるから続きはお前らでやってくれないか?」


そう言うと、軽いブーイングはありつつも、残り30分程でお開きになる歓迎会をまた楽しみ始める。



俺は少し離れた所で電話をとった。




「もしもし?何かあったのか…?」











「はっ⁈」


直ぐに電話を切り、席に置いていた上着を羽織る。


「あれっ?真島課長どうしたんですか?」

「すまない、急用だ」


それだけ伝えると足早に店をでてタクシーに乗り込む。


俺の頭の中は軽くパニック状態だった。




< 152/ 201 >