ケータイ小説 野いちご

闇に舞う桜。

7章




風龍の倉庫に到着した私と凛花。



『あれ?集会?ごめんね』



矢衣刃「いや、大丈夫だ」



やっぱり悪蘭の事の集会だよね



勝利「来たんだな!」



『邪魔?かな?』



陽太「うんん、逆に居てくれた方が良い」




『分かった』





< 189/ 256 >