ケータイ小説 野いちご

一番好き

トラウマ
桜の木の下で




「用事ってそれだけですよね?


俺、行きますね」




これ以上先輩といたら全て悟られそうで怖かった




先輩の目も見ずにそのまま立ち去った






教室には行かずに


入学式に見つけた桜の木の下に







< 28/ 184 >