ケータイ小説 野いちご

好きになっちゃダメですか?

*chapter2
勝負の行方




4月もあっという間に過ぎ、5月に入った今日この頃。



昼休み、なぜかみんなざわざわしていた。



『瀬川と藤原先輩がバスケで試合をしている』



…という噂が耳に入った。




「乃愛…見に行かないの?」



メロンパンをかぶりつくあたしに、



ニヤニヤしながらそう聞いてくる紗彩。



「な、なんで見に行かなきゃいけないの?」



「だって、普通は自分の彼氏が試合してるんだよ?見に行くでしょ」

< 50/ 248 >