ケータイ小説 野いちご

うさぎのなみだ

第1章 目が合う度に


『私、×××のことが好き!。。大好きだったの。。』


風のにおい
鳥の声、、。

頭に過ぎる君の×××。

 んっん~っ。。
 はぁ、いつもの夢、変な夢、

いつもそう、起きたのか、起きていないのか、
まだ、夢が続いているのでは、、
いつも、考えているのに、いつも、君を思い出すことが出来ない
今日も、、、

 「ゆいー、はやく、おきなさーい」
 
 はーい!って、返事して私は今日も、
 かわり映えのない今日を過ごしている  
 君のことを思い出せないまま

ガチャっ!どあのあいた音

 「もー、起きてるのなら着替えて早く下りてきてよっ
 何時だと、思ってるの?入学式遅刻するわよっ」

お母さんの高い声に起こされて、私は朦朧とした意識の中、
私は顔を洗い、朝ごはんを食べ、真新しい高校の制服に着替え、
家を出た、

 「ゆい、おはよう。」

 なゆ!おはよう! 

 「まだ、眠そうね、」

 うん、、また、あの夢を見ちゃって、

 「ふふっ、あのロマンチックな夢?」

 どこが、ロマンチック?顔も名前もわかんないんだよっ、

なゆ、、神崎 雫優 幼なじみで、和風美人、綺麗で頭の良い、
大切な親友の一人 

 「ゆいっ、また、ぼぉっとしてー、」
  
 ハハッ、、あっ、クラスっ!! 
 あっ!同じだよ!Aだよ!
 
 「そう!良かったわね」
 
ドンっ

 あっ、ごめんなさい、、

 「いえっ、」 
 
わっ!目が会った瞬間、どこか懐かしい気持ちになった

 




< 1/ 2 >