ケータイ小説 野いちご

幼なじみの溺愛が危険すぎる。(後編)

もう無理っ!
やっぱり無理っ!

side/りり花


「りりちゃん、ただいまっ!」



「おかえ…んんんっ?!」



玄関に入ってくるなり玲音がいきなり唇を押しつけてきた。


く、く、ぐるしいっ!!


プハっ!


「な、な、なに考えてんのっ?!
死ぬかと思ったでしょ!」



ドキドキしすぎて、ホントに死ぬかと思った…


ここは、いつも通り拳で一発…


呼吸をととのえながら玲音を殴り付けようと拳を握りしめた途端、

玲音に怒鳴りとばされた。




「バカりり花っ!!

なんで避けないんだよ?!

なに簡単にキスさせてんだよ?!」




「………へ?」



「お前はどうしてそうなんだよっ!!

もっと危機感もてよ?!」




「……あの?」




「いいから、そこ座れ。正座しろっ」



「……は、はい」



って、え?はい?なんで?



なぜか玄関で正座して玲音と向き合う。



< 158/ 203 >