ケータイ小説 野いちご

俺は、お前がいいんだよ。

Chapter*3
初感覚のお出かけ


「それじゃ、行って来ます。」


「気をつけて行ってらっしゃい。恵理子ちゃんにも宜しくね!」


「う、うん。」


4月も終わり、突入したゴールデンウイーク。


淡々と毎日が過ぎていき、ついに到来した瀬ノ内君との買い物の日。


早めにお昼を済ませた私は、身支度をして家を出た。


お母さんには、男の子と出掛ける…とは言いにくくて、恵理子とショッピング…ということにしてある。


本当のことなんか言ったら、質問攻めにされるのは目に見えてるからだ。


“彼氏が出来たの!?”とか言って興奮しそう…。


そうなると色々と面倒だ。


嘘はよくないけど、今回はやむを得ない。


自分に言い聞かせて、新緑の木々の木漏れ日が差し込む道を歩く。


昨日は雨だったから天気が心配だったけど、今日は快晴。


まさに行楽日和だ。


まあ、私たちはプレゼント選びの買い物だから、あまり天気は関係ないけど、晴れてると気分がいいもんね…。


少し漂う初夏の空気を思いっきり吸い込んだ。



< 66/ 350 >