ケータイ小説 野いちご

俺は、お前がいいんだよ。

Chapter*2
甘いお礼と頼みごと


高校を出た私たち、夕日が照らす道を歩いて駅前へ。


メインストリートから外れた少し細い道。


その通り沿いに構える、柏木君のお兄さんが経営するカフェへと辿り着いた。


「並んでるな。」


「そうですね…。」


カフェの入り口から外へと伸びる列。


十数人ほどが並んでいる状態だ。


「…あの、お店に入るのに時間が掛かりそうですし、やめませんか…?」


私は美味しいもののためなら並ぶのは苦じゃないけど、瀬ノ内君は…きっと違うだろう。


我慢してまで並んで貰うのは気が引ける。


フレンチトーストは、また後日…恵理子と一緒に食べに来ればいいもんね…。


ほぼ帰る気になっていた私だけど、瀬ノ内君は私の手を引いて列の最後尾へと並んでしまった。


「えっ、帰らないんですか…?」


「せっかくここまで来たのに、帰るわけねぇだろ。伊織にフレンチトースト、奢るんだから。」


そこまで、お礼にこだわらなくてもいいのに。


素っ気なく心の中で呟いていると、瀬ノ内君が何か思い出したような表情を浮かべた。



< 39/ 350 >