ケータイ小説 野いちご

俺は、お前がいいんだよ。

Chapter*5
結ばれる二人の想い


「ここが、俺の家。」


公園から歩いて数分。


足を止めた陽希と一緒に、私も立ち止まった。


「綺麗な家…。」


レンガ調の外壁、ベランダのある窓、家の入り口付近には寄せ植えされている可愛らしい花。


ボンヤリ眺めていると、陽希が私の手を引いた。


「由依、中に入ろ?」


「うん…。」


家の鍵を開けて中に入る陽希。


その後に私も続いた。


淡く温かみのある照明に照らされた玄関、木目調のフローリング。


整然としていて、家の中も綺麗…。


「お、お邪魔します…。」


ぎこちなく靴を脱いだ私は、陽希に連れられてリビングへと入った。


「あ、バッグとか…その辺に適当に置いてもらっていいから。」


「う、うん…。」


買い物袋を持って、続き部屋になっているキッチンへと歩いて行く陽希。


私は、キョロキョロと周りを見回した後、部屋の隅にバッグを置いた。


ここなら、邪魔にならないよね…。


それにしても、家の雰囲気に反して…なんだか落ち着かない。


男の子の家に来るのが初めてだからかな…。


ソワソワしちゃう…。



< 182/ 350 >