ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

鬼姫伝説 Ⅱ


城からの迎え




私の身体も万全に整い、穏やかな日々を送っていた。
鬼羅も、口は悪いけど私の事を受け入れてくれて、琉鬼は相変わらず明るく元気だ。



相変わらず鬼羅は、時折ボーッとしている。
そんな時は決まって千代さんの事を想っているんだろう。



私はなるべく気にしないようにしてきた。
二人の絆は深い。

千代さんは、鬼羅を庇って死んだんだから。






「鬼羅の事、気になる?」

「え?」

「よく鬼羅の事見てるから」

「そ、そんなことないよっ」




琉鬼くんがいたずらっぽい笑顔で尋ねる。




「ただ、本当に千代さんの事が好きだったんだなぁって・・・」

「・・・初めて、心を許せた人間だったからね。俺も、違う意味でちぃちゃんのこと大好きだったよ」




鬼羅にも琉鬼くんにも愛された千代さん。
なんだか、どうしようもなく羨ましく思えた。


心が狭いな、私。






< 72/ 198 >