ケータイ小説 野いちご

鬼姫伝説 Ⅱ


見知らぬ世界




「こ、ここどこ・・・?」



目を覚ましたら、私は見知らぬ場所で寝ていた。
しかも、外。

起き上るとハラハラと落ち葉が身体から落ちて。
私は神社の拝殿にいたはず・・・。

泣いて、泣いて・・・いつの間にか眠ってた?


そして起きたらここにいた。



「な、なんなの?」



頭が混乱してる。
私、寝ぼけてどこかに来てしまったんだろうか。


それにしてもおかしい。
だって、こんな場所近くになかった。



見渡す限り、ここは森の中。



森なんて・・・。



気の生い茂る所なんて、それこそ私の神社の境内くらいしか・・・。





「それとも、ここ・・・神社の境内?」




そんなまさか。
私の知らない場所があるなんて・・・。






< 12/ 198 >