ケータイ小説 野いちご

鬼姫伝説 Ⅱ


祟られた神社




全ては、ここに生まれついたことから始まったんだ。




六歳の誕生日、大好きだった両親が亡くなった。
誕生日のお祝いにと出かけた旅行先での交通事故。



車が大破するほどの大きな事故だったというのに、私は奇跡的に助かり命を繋げた。





それから10年。
私は、祖父母のもとで育てられた。





「千菜、お弁当忘れてるよ」

「あ、ばぁちゃん、ありがとう!いってきます!」




玄関までお弁当を届けてくれたおばあちゃん。
すっかり腰も曲がって、歩くのもしんどそう。

私は元気よく挨拶をして飛び出した。



私の家は、神社。
神社の境内の中に家もあって、毎朝鳥居をくぐり石段を下りて学校に向かう。






< 1/ 198 >