ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

妄想ラブレター

空想ラブレター
*変化




_________



秋月艶子さま



僕は今、空に浮かぶ月を見上げています。


今日は満月。


あなたのところからもこの月が見えているのでしょうか。


同じ空を仰いでいるのでしょうか。


僕とあなたに大した接点はありません。


けれどたとえどんなに小さな接点だとしても、それでも僕には小さな希望となって明日への勇気がわいてきます。


同じ空の下、同じ空を見上げている……それすらも繋がりなのだと思い込み、そんなものまでを引き合いに出すほど僕は、あなたが愛おしくて仕方ありません。


同じ時代に生まれたというだけで運命なのだと思ってしまうほど、あなたへの想いは増すばかり。


こんな僕を滑稽だと、あなたは笑うかもしれません。


愚拙な奴だと鼻で笑うかもしれません。


それでも、たとえ笑われたとしても、かまいません。


だって、僕の想いは今も枯れる事なく溢れるばかりなのですから。


少しくらい冷や水をかぶる方がいいのです。


ただ……僕が想う気持ちのたった一ミリ程度でも、あなたが僕を想ってくれますように。


ずっと、好きでした。





瀬戸文章


_________





< 95/ 287 >