ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

妄想ラブレター

架空ラブレター
*歌







翌日、あたしの下駄箱には真っ白な便せんが一通入っていた。


それは間違い無く瀬戸だ。


名前すら確認せず、それを鞄の中にしまった。折れたりしないよう、ノートの隙間に挟み込んで。


……瀬戸はどんな手紙をよこしたのだろう。


なんかちょっと気になるじゃないか。


気にはなるけど、教室では読めない。あたしがそう言ったんだし。


トイレ寄ってく?


トイレなら個室だし、バレないしいいよね。


でも、あんまり時間なさそうだな。


スマホをポケットから取り出し、画面の電源を入れた。


時刻は8時34分。


あと6分でHRが始まってしまう。


仕方なくスマホをポケットに直し、肩から下げてる鞄を担ぎ直して教室へと向かった。




< 79/ 287 >