ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

Doll girl

思い出したくもない思い出
父親と母親




私が目を覚ましたら、リビングだった。
窓の外は明るく、もう日が変わっていることがわかった。



雄治「大丈夫か…?沙彩」
『お兄…さん?私…』




陸「お風呂でのぼせてたんやで!お風呂初めてやったんやなぁ」
窓から見える景色は朝だ。



『うぅ……あれ?お兄さん髪の毛ぺったんこ』
雄治「あー…ワックスつけてないからなっ…ぺったんこ嫌い?」




『うぅん…。ぺったんこの方が好き』
私はベッドからおりて、背伸びをした。




よく見るとここは星夜さんの部屋だった。



< 52/ 110 >