ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

Doll girl

エピローグ
イメチェン





陸が何かを思いついたように手を叩き、リビングから出て行った。



じゃ…俺らは…沙彩の事を聞いていこう。



身分の知らない子を住ますのは暴走族的にアウトだからね。


星夜「沙彩。君はどこから来たの?」
『…家』


星夜「親は?」
『…』




星夜「じゃぁ誕生日は?」
『…知らない』



星夜「…雄治さんとはどうやって知り合ったの?」
『前にもいったけど…急に部屋に入ってきて外に出してくれた』


これには流石に絶句…。




< 28/ 110 >